<< 【バイオリズム講座】第1回 バイオリズムの神秘を実感する方法 | top | バイオリズム講座(第3回)生体周期の科学として >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

バイオリズム講座(第2回)

JUGEMテーマ:気になる書籍
バイオリズム講座(第2回)
バイオリズムの歴史
バイオリズムが発見され科学理論として確立されるまでの経緯を簡単にお話します。
バイオリズムの発見
ウイーン大学の心理学教授であったヘルマン・スウォボダ博士は1897年から1902年にかけて人間が虫に刺された後の痛みや腫れ或いは病気の時の発熱や心臓の発作などについての周期性の研究をしていました。そして遂にその周期が23日と28日であることを突き止めました。
同じ頃、ドイツのベルリンではドイツ科学アカデミーの会長に選ばれたこともあるウイルヘルム・フリーズ博士が自分の患者を診察する傍ら病気中の発作や死亡について多くの資料を集め統計分析をしていました。そしてフリーズ博士もまたスウォボダ博士と全く同じ23日と28日周期のリズムが存在することを発見しました。
  
バイオリズムが持つ周期性のリズムが発見されると科学者らにより生理機能が日周リズムを持つことや感覚器官の感度が特に高い時間や薬を服用するのに最も効果のある時間帯など1930年代から60年代の間に世界各国でバイオリズムの研究が盛んになります。3人のスウェーデンの科学者らにより筋肉や肝臓中のグリコーゲン含有量の変化と日周リズムの研究も発表されたり特にバイオリズムと睡眠の関係は世界各国で数多くの研究がされる様になりました。フリーズ博士やスウォボダ博士が23日と28日周期リズムを発見してから約20年後のことでした。オーストリアのアルフレッド・テルチャー工学博士はインスブルグ大学の学生約5000人の能力テストを基にスウオボダ博士やフリーズ博士が発見した23日周期と28日周期の検証をしていました。その研究の最中、新たに学生たちの能力のピークが33日周期で訪れることを発見します。ところがこれと同じ頃アメリカのペンシルヴァニア大学のハーシー博士は鉄道工場の労働者の気分や体調、作業能力などについて委託された研究・分析を行っていました。その時ハーシー博士もまた33日周期リズムを発見していました。(続く)【本文は村尾弘明箸・バイオリズム早見表(1978年7月発行)からの転載です。無断で引用・転載することは禁止されております】

 


 
カナヤン | 『バイオリズム早見表』 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 17:21 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
“自分のバイオリズム”入門―気がつかなかった驚異のリズムを証す (1980年) (プレイブックス)
“自分のバイオリズム”入門―気がつかなかった驚異のリズムを証す (1980年) (プレイブックス) (JUGEMレビュー »)
白井 勇治郎
バイオリズムの入門書としては データも多く 最高の本です
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
バイオリズムで人生が変わる?

『バイオリズム早見表』による自己管理ノート

『バイオリズム早見表』で選手の身体リズムを確かめる

『バイオリズム早見表』があなたの生き方を変える

『バイオリズム早見表』使える?

『バイオリズム早見表』でスポーツ選手の自己管理

『バイオリズム早見表』会員入り口

トレーナーさんが大喜び『バイオリズム早見表』

いちど ご覧になってください

wook電子ショップモール http://biorhythm-hayami.wook.jp/detail.html?id=214467

1961年ニューヨーク科学アカデミーはバイオリズム理論を正式に新しい科学分野として公認しました。日本に初めて紹介されたのは1964年雑誌中央公論に「バイオリズムは人生を変える」と題した戸田奈津子氏訳のエバン・ジュロの紹介記事が最初です。そして日本における本格的なバイオリズム活動が始まったのはアメリカのジョージ・トーメン著「バイオリズムの基礎」を翻訳出版された故白井勇治郎氏の活動によってでした。バイオリズム早見表は1973年実用新案登録(登録第1212500号)1978年7月に出版発売された(考案者野田弘明)書籍形式の早見でバイオリズムを僅か数分で小学生でも簡単に調べられる「バイオリズム早見表」のことです。

お買い物は

何でも揃う「天空デパート」

自分のバイオリズム・パターンを見つける
バイオリズムを一言で言えば「その人が生まれた日を基点として始まる身体リズム・感情リズム・知性リズムと言う3つのリズムが規則正しい周期性をもって進行している生体リズム」のことで「自分が求めようとする日のバイオリズム」を調べられれば「その日の自分の身体リズム・感情リズム・知性リズム」が認識できます。この周期性はみな同じですがその人にどの様に現れるかは人によって違います。女性は理解し易いと思いますが、生理と同じで軽く過ぎていく人もあれば大きく影響を受けて苦痛さえ伴う人もおります。バイオリズムも影響を受け易い人・身体的に余り影響を受けない人・決まって遅れる人などパターンはいろいろです。バイオリズムも自分のパターンを掴めば日常生活に大いに役立つのです。
バイオリズムを実感しましょう
春夏秋冬四季の移ろい・潮の干満・1日24時間1年365日・妊娠出産・冬眠や渡り鳥、私たちの周りに溢れるリズムは数え切れません。と言うよりリズムに埋もれた生活をしているのです。この様な自然界を取り巻く周期のひとつが生体リズムの科学・バイオリズムです。しかしバイオリズムは何故身近に感じられないのでしょうか?答えは『求めるバイオリズムが簡単には調べられない』と言うひと言に尽きるでしょう。今では有料・無料様々ですがインターネットで簡単に調べることは可能です。しかしそれらは1週間分・1月分或いは6ヶ月を一人づつ調べなければなりません。それに系統的に積み上げ様とすれば更に大変な作業になります。実用新案登録の発明本『バイオリズム早見表』を使えば恋人・夫婦・家族・スポーツクラブや同好会などこれ一冊で皆が一生涯使える優れものです。総377ページ・赤・青・緑のカラーでリズム曲線が表現されており「過去・現在・未来の何時の時点でも<調べたいバイオリズム>を超簡単に調べることが出来ます(昭和16年生まれから)読む本ではなく見る本ですから使い方も簡単。小学生でも使えます。バイオリズム曲線は3ヶ月から6ヶ月、一定期間1日1,2分でもご覧になっていると必ずその人のリズムパターン分かる様になりバイオリズムの謎を実感でる様になるでしょう
日体大 山下(松田)冶広氏のこと

 

山下冶広氏 (結婚により松田冶廣氏)

 

出典 ウィキペディア Wikipedia

【ウィキペディア・トップページには松田冶廣氏のインタビュー】も掲載有り!

 

1964年東京オリンピック体操競技男子種目別跳馬、男子団体金メダリスト

1970年代にはインディアナ州立大学でバイオリズムなどの研究に携わる

多くの実績を残し2000年に国際体操殿堂入り

現在は日本体育大学名誉教授

インタビューでは:

国際大会試合の前日、バイオリズムが危険日に当たっていたにも拘らず

コンディションも悪くなかったので選手に練習を続行させ着地に失敗し

大きな怪我を負わせた失敗談等バイオリズムの影響を語っておられます

松田氏は選手や学生の様々なトレーニングやコンディション管理に

バイオリズムを推奨・活用されていることでも有名な方です

  ご訪問ありがとうございました。 ポチッ! と一回  宜しくお願いします。 又のお越しをお待ちしております。

人気ブログランキングへ

お買い物は

何でも揃う「天空デパート」

質問と回答 

質問は原則としてホームページ上に公開させて頂きます
また同時にお答えする内容も公開させて頂きます
従って個人情報等の記載には充分にご配慮をお願いします 匿名・ペンネームでも構いません 直接ご返事は出来ませんのでご了解下さい

尚ご質問の内容等によってはこちらで訂正の上で公開すること
またご質問の内容によってはお答えしかねる場合もありますので
予めご了解下さいます様お願いします

ご質問mailは

『バイオリズム早見表』出版ページ

Wook電子書籍モール

落合監督の光る采配!を学ぶ 落合監督の光る采配!を学ぶ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH