スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

バイオリズム講座(第11回・最終回)



 バイオリズム講座(第11回・最終回)

お詫び:体調を崩し、そのためパソコンに向き合えなくて、皆さんにはご迷惑をおかけしてしまいましたこと、お詫び申し上げます。もう少し続けたいと思っておりましたが、今回の11回をもって終了させて頂きたいと思います。拙い短い文章でございましたが、どうか読み返して頂いて、バイオリズムの要点をご理解いただきましたら、ぜひ実践して頂きたく希望しております。バイオリズムは、自らのバイオリズムと試合結果の照合で得られる、実感からしか納得はできないものです。皆さんの益々のご活躍、そして記録更新と好成績を収められますことを祈念致しております。これまでのご愛読に感謝と御礼を申し上げます。ありがとうございました。

【最終回】
バイオリズム活用

これまでバイオリズムの見方を解説してきました。それでは、「来たるべき試合に備えて」バイオリズムをどの様に活用したらよいか、ということをお話ししたいと思います。はじめにご理解いただきたいことは、競技種目により、短いものは数分で勝負がつく試合から、数十分
数時間、或いは数日、相撲のように15日間の勝負と言う競技もあります。このことはバイオリズムにとっては
どんな意味があるのでしょう。例えば、バイオリズムの
要注意日です。要注意日は誕生の時間を中心に前後12時間、言い換えれば24時間にわたって影響を及ぼしますから、試合がその24時間内に行われるとしたら、その対処を考えなくてはなりません。要注意日でも、身体リズムの要注意日なのか、感情リズムの要注意日なのか或いは知性リズムの要注意日なのかでも対処は変わってきます。その上、試合が準々、準と続いて、2日3日と試合が数日にまたがれば、どの試合に要注意日がぶつかり、或いは高調期に入るかを見極めなければなりません。また、1回きりで且つ数秒・数分といった短時間勝負であれば、例えその時間が要注意日内であっても、気力・気迫・と言った精神力で克服できることもあるでしょう。しかしフィギアスケートのように例え3分、5分勝負だったとしても、その技の種類は大変多く体力、知力そして感情リズムのような表現力・気力・情緒性や感受性までも関わってくるような総合力が必要な試合もあります。そしてまた、要注意日であっても中間要注意日かそうでない要注意日なのか。自分の体力や気力、性格から自分に支配的なリズムは何で、過去の試合日のバイオリズムがその時の試合にどの様に影響していたのかという、自分にとっての勝ちパターン・負けパターンを見つけ知ることが必要です。この様に考え理解することから、試合日直前の1週間、或いは1ヶ月のバイオリズムに沿ったトレーニングを組み立てることが出来ますし、また必要性が理解できてくると思います。この様に考えれば、バイオリズムは要注意日を調べて、心配をしたり、恐れたりするものではなく、バイオリズムがどんな状態であっても対処できると言う、自信につながるものであるということも理解できるでしょう。大事な試合で勝ちを掴めなかった時のコメントに「思わぬアクシデントがあったから」と言うことをよく聞きますが、この思わぬアクシデントの正体の大部分が、バイオリズムが起因することなのです。バイオリズムを要注意日を調べることだけに利用しないで、ぜひ試合前のトレーニングのツールとして活用し、好成績につなげられます様、願っております。なお特許本バイオリズム早見表をご利用になれば、試合全てのバイオリズムをこの1冊の中に
http://biorhythm-hayami.wook.jp/
保存できますのでバイオリズムによるトレーニングも含め、効果的にご利用ができます。ぜひご活用下さい。
長い間ご愛読、ありがとうございました。

 

カナヤン | スポーツマンと試合 | 12:09 | - | trackbacks(0) | - | - |

バイオリズム講座(第10回)


バイオリズム講座(第10回)
「勝ちパターン」「負けパターン」を知る

バイオリズムの周期には2種類あります。既に解説してきましたが、身体リズムは23日周期、感情リズムは28日周期、知性リズムは33日周期です。しかし実際は3つのリズムが織りなす
バリエーションが心技体に微妙な影響を与えます。選手によっては、或いは状況によっては、この3つのリズムが織りなすバリエーションにこそ強く影響を受けるとも言えます。しかし、この3つのリズムが織りなすバリエーションの周期は、正確には58年と68日(うるう年では69日)なのです。バイオリズムの厳密な意味での周期は58年と68日と言えます。この間1日として同じバイオリズムの日はありません。従ってこの中から自分の「勝ちパターン」「負けパターン」を見つけるためには58年と68日
という周期内のバリエーションを限られた数にパターン化しなければなりません。そこで自分が最も支配されるリズムが身体リズムであれば身体リズムを中心に、感情リズムであれば感情リズムを中心に幾つかのパターンを作り、それをもとに自分の「勝ちパターン」「負けパターン」を見つけることが必要です。以下のパターンは私の考える「簡易パターン」ですが、あなた自身でもパターンを考えてみて下さい。

【バイオリズムの簡易パターン】                   
【平常型】
A型高調期(身体・感情・知性共にプラス)
B型高調期(身体リズム高調期と他のリズム
      が低調期、又は高調期と低調期)
【低調型】
C型低調期(身体・感情・知性共に低調期)

【要注意型】
D型要注意日(身体リズム又は感情リズムが
       要注意日と他が低調期)
E型要注意日(低調期と注意日と高調期)
F型要注意日(要注意日が2つ以上)

中間要注意日型
G型中間要注意日(身体リズムが中間要注意日)
H型中間要注意日(感情リズムが中間要注意日) 
 G型(自分の判断でA−Hに該当しないもの)
 
自分のバイオリズムパターンを掴むためには複雑過ぎると解り難くなります。大分類しましょう。
10試合20試合とバイオリズムを見ていくと必ず「勝パターン」「負パターン」が掴める様になります。<バイトレノート>とは「負パターン」から抜け出すためのツールですから2年3年と記録を積み上げる内に「負パターン」の試合日にも負けなくなるのが目標です。。(つづく)【本文は村尾弘明箸・バイオリズム早見表1978年7月発行)及び「バイオリズムを活用して試合に勝つトレーニングの方法がある」からの転載です。無断で引用することは禁止されております】
追伸:暦では数え60才になると還暦の祝いと言って「赤いちゃんちゃんこを着て赤ん坊に生まれ変わる」儀式がありますが、バイオリズムの周期が科学的にその意味を証明しているとも言えます。



 

カナヤン | ≪自己管理ノート≫ | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バイオリズム講座(第9回)

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

バイオリズム講座(第9回)
バイオリズム講座は何の為?

バイオリズム講座も第8回を過ぎました。まだ半ば手前えですが、ここで連続「バイオリズム講座」掲載の趣旨を遅まきながら、ひと言述べたいと思います。
前回第7回第8回のように、要注意日についてあのように述べますと、バイオリズムの理解が深まっていくほど不安を感じられる方がいらっしゃるかも知れないと、ふと心配になり、あえて途中で書くことにしました。心配される方は、「試合日は自分で決める訳ではないから、もし要注意日と試合日がぶつかったらどうしようもないではないか。それなら知らない方が好い」と思われる方もあろうかと思ってですが、もし私の思い過ごしで有れば幸いです。万一その様に考えられるならば不本意ですので、今回の「バイオリズム講座」をどうか最後までお読みくださることをお願いします。
バイオリズムを知らないということは、車の運転をしていて、信号機や道路標識の無い道に迷い込んだ様なものなのです。信号機も標識もない道であっても、走れない訳ではありませんが、<あるより・ない方が危険>なのです。注意しながらゆっくり走れば走れます。バイオリズムを理解するようになると、試合日のコンディションを調べないで試合に臨めなくなります。何故なら、試合日のコンディションは2ヶ月前でも3ヶ月前でも分かりますので、先ず試合日のコンデイションを知り、更に試合日の1週間前、2週間前、或いは1ヶ月前のバイオリズムの身体リズム・感情リズム・知性リズムをよく見ながらトレーニングをプログラミング、メニューを決めるからです。即ち、この「バイオリズム講座」は、<もし試合日と選手の要注意日がぶつかった時にはどう対処すればよいか>というのが大きなテーマなのです。<目的地に行く道には信号や標識が有ってくれる方が無事到着できる>という安心感を得るための講座なのです。従ってバイオリズムを知れば無用の心配が増えると思う人がもしおられましたらどうかご安心ください。
「バイオリズム講座」は記録更新と、試合に勝つための「世界にたった1冊の自分だけのトレーニングノート」を作成するための講座です。自分自身の「純粋な生体コンディション」を理解するための講座です。
「純粋な・・」とは現実に有る健康状態や季節感、或いは試合日という緊張感や不安・興奮など外因に左右されることの無いリズムです。生体周期エネルギーです。
「自分が生まれた時から持っているリズム」それこそが「生体周期の科学」である「PSI理論」に基づいたリズムであり<バイオリズム>なのです。
このリズムは病気や緊張、不安や興奮に
よって影響を受けるのではありません。
生体リズムが「健康や病気・不安や緊張」
など全身に影響を与えるのです。
バイオリズムとは、正に、心技体を整えるための決定的な要素なのです。それゆえ自身のバイオリズムを無視してトレーニングを行うことは非合理的であり時には危険でさえあるのです。
。(つづく)【本文は村尾弘明箸・バイオリズム早見表(1978年7月発行)及び「バイオリズムを活用して試合に勝つトレーニングの方法がある」からの転載です。無断で引用することは禁止されております】
 
 


 
カナヤン | スポーツマンと試合 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バイオリズム講座(第8回)

 バイオリズム講座(第8回)
最も注意すべきは<危険な中間要注意日>

先の「バイオリズム講座」(第6回)
要注意日は何故要注意なのか?で要注意日について解説しました。しかし、スポーツ選手にとっては更に、最も注意すべき且つ危険日ともいえる要注意日を知っておく必要があります。それは
【最も注意すべき要注意日は中間要注意日】である、ということです。

<要注意日の確認>
要注意日についてもう一度、確認しておきまましょう。バイオリズムエネルギーの高調期から低調期に、或いは低調期(マイナス領域)から高調期(プラス領域)に移行する通過点、即ち生体周期エネルギーであるバイオリズムが、プラスエネルギーからマイナスエネルギーに、或いはマイナスエネルギーからプラスエネルギーに、質的転換が行われる時間帯であると解説しました。そしてその時間帯とは<エネルギー転換ストレスが「かかっている時間帯」>であるとも解説してきました。

それでは【最も注意すべき要注意日は中間要注意日】である、とはどういう意味でしょうか

各リズムについては講座の後半で再度解説していきますのでここでは省略しますが、どのリズムも、高調期はエネルギーの充実期であり、身体リズム・感情リズム・知性リズム、それぞれのリズムが持つ機能・作用など、いずれもエネルギーが充実していて活動的になっている状態です。普通、バイオリズムを意識していない人でもこの時期は無意識にトレーニングにも力が入り或いは試合に臨んでいる時も「今日は調子が好い」と感じ取れるものです。

<再度、バイオリズムの周期について>
バイオリズムの周期についてもはじめに解説しましたが、スポーツをする場合の主な支配リズムである身体リズムについて再度説明します。身体リズムは1周23日周期です。その内、高調期が10,5日低調期が10.5日、要注意日が2日です。高調期から低調期に向かう通過点は
「23日周期の内の中間に位置する11.5日目」です。この要注意日が
【最も注意すべき要注意日である中間要注意日】ということです。
 <最も危険な中間要注意日>
スポーツ選手にとって最も注意しなければならないのが
【身体リズムの、高調期が終わった直後に迎える要注意日】
なのです。即ち、この日のことを<中間要注意日>と言います。
スポーツ選手がトレーニングに励んでいる場合、メニューにもよりますが、ある区間(期間)ほぼ目いっぱいエネルギーを使い果たし、時にはもう余力さえ残っていないほど体力を消耗しているかも知れません。
そしてプラスエネルギーからマイナスエネルギーに向かう、エネルギーの質的転換が行われる時間帯である、要注意日を通過しているという自覚もないままに、無頓着に過ごしてることは珍しくありません。
<身体リズムの中間要注意日は何故、最も危険日なのか>
バイオリズム周期は、活動期(高調期)と休息期(低調期)の繰 り返しですが、1周する中間に、中間要注意日があります。激しい活動(高調期)から休息時間(低調期)に向かう時間ですから、最も疲労が蓄積していて 一番苦しい時間帯です。まだ休息時間には入っておらず、精神 的にも「さてこれからゆっくり体を休めよう」と気持ちを 切り替えなければなりません。疲労が積り、免疫力が無くなり、疲労を解消するため充電して、エネルギーを蓄えなければ次の高調期に充分な活動をすることはできません。回復期こそが低調期(休息期・充電期)なのです。そしてこの時こそ、プラスエネルギーからマイナスエネルギーに質的に転換する時間帯(24時間)なのです。最もストレスが働く時間帯です。バイオリズムを知らず激しいトレーニングや試合をしていると、この時間帯を知らずに、更にトレーニングを重ねたり、或いは試合に臨んでいる時間かも知れません。バイオリズムを知らない人も、この時、気だるさや、戦意や気迫に欠けることを、自ら感じる人は少なくありません。時には病を発症したり、思いがけない怪我などをしてしまいうこともあります。そんな時「思いがけないアクシデント」という一言がテレビなどを聞いていても良くあります。過去にアクシデントがあったら、その日とバイオリズムを照合して見らた70%以上の確率でこの中間要注意日とぶつかっているでしょう。間違いありません。確認してみて下さい。
バイオリズム周期も1日で言えば昼と夜の24時間周期と何ら変わりません。自然界のリズムなのですから。1日の中でも日没時の時間帯に事故が多いことも良く知られております。そして昼夜関係なくもしもトレーニングをし続けていたらどうなるでしょう。結果は明らかです。
この様に考えると身体リズム・感情リズム・知性リズムにはそれぞれの2種類の要注意日(中間要注意日と後半の要注意日)があり全部で6種類の要注意日があることが分かります。他の要注意日については後半で解説します。(続く)【本文は村尾弘明箸・バイオリズム早見表(1978年7月発行)及び「バイオリズムを活用して試合に勝つ方法がある」からの転載です。無断で引用・転載することは禁止されております】
追伸:8月10日投稿:モスクワ女子マラソンのバイオリズムをご覧ください。

カナヤン | 『バイオリズム早見表』 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バイオリズム講座(第7回)

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

バイオリズム講座(第7回)
バイオリズムの読み方  
<23日周期の身体リズム>
スポーツ選手にとって最も大切な筋肉細胞を支配するリズムですが体全体の健康コンディションを司るリズムでもあります。従って体力からくる精神的なエネルギーによる攻撃性・抵抗力・闘志など意欲的な行動力の源泉でもあります。男性リズムとも言われる様にスポーツ選手である男性は特に影響を受けますので注目して下さい。
<28日周期の感情リズム>
感情リズムは別名女性リズムと言われる様に、特に女性は日頃から支配されがちなリズムです。男女共に特に感情・情緒性を支配されるリズムですから良く感情が激しいと言われる人は男女にかかわらず注意が必要なリズムです。
スポーツ競技の場合、協調性や感受性・また直観力表現力といった精神性・芸術性などの諸感情が必要な競技では特に試合前に自分の感情リズムの状態を理解しておくことは重要になります。
<33日周期の知性リズム>
 脳細胞を支配する知性リズムは33日 周期で3つのリズの中で最も長い波長 です。知性と理性を司る人間的な機能の中枢であり判断力や構成力、諸所の状況に対応するバランス能力など頭脳の働きを左右します。推理や分析など創造性を働かせるときスポーツ競技の中でも特に総合判断が求められる時自分の知性リズムの状況を知らないでいると思いがけないミスを犯すことにもなりかねません。
更に強調し合う3つのリズム
身体リズム・感情リズム・知性リズムはそれぞが独立したリズムをもっていますがこの3つのリズムが織りなすバリエーションは1年365日のうち1日として同じ日はありません。従ってリズムの相互作用も無視できません。リズムのバリエーションをどの様に理解するかは、「試合経過と戦績とその時のバイオリズム」を繰返し照合することで、脳裏に焼き付けると言う習慣、即ちバイトレノートの集積の中でのみ掴んでいくことが可能となるでしょう。。(つづく)【本文は村尾弘明箸・バイオリズム早見表(1978年7月発行)及び「バイオリズムを活用して試合に勝つトレーニングの方法がある」からの転載です。無断で引用することは禁止されております】



 


 
カナヤン | バイオリズム | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バイオリズム講座(第6回)

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 バイオリズム講座(第6回)
要注意日は何故要注意なのか?

0線とは低調期(マイナス領域)から高調期(プラス領域)に移行する通過点です。バイオリズムは生体周期リズムですが別の言い方をすれば生体周期エネルギーでもあるのです。従って0線とはマイナスエネルギーがプラスエネルギーにエネルギーの質的転換が行われる位置、正確に言うと「エネルギー転換が行われる時間帯です。

<要注意日とはエネルギー転換ストレス>
最近はあまり見かけなくなりましたが「電球の球が切れる」時を想い出してください。電灯を点ける時や電灯を消す時、即ち電流を入る、切るという時
のストレスがかった時に「球が切れる」ことが殆どです。古い車を例にもう1例お話します。少し意味は違いますが車のギアのことを考えて下さい。私の話で恐縮ですが昭和12年生まれの年寄りで40才過ぎてから車の免許を取りました。まだオートマチックギアの車が珍しい頃です。急な登り坂に入ると何時もギアの切り替えに苦労しました。坂道停止で発信の時などニュートラルからセカンドに入れられなくて良くバックしてしまいました。要注意日とは一見このギアのニュートラルの様なものです。

<要注意日はストレス・タイム>
バイオリズムではこの様なストレスタイムでエネルギーの転換時を示す時間帯なのです。身体リズム・感情リズム・知性リズムの各要注意日は上図の様になります。もしあなたの出生時間が深夜0時だった場合は下図の様にずれます。

自分の出生時間を母親などに聞いておくと良いでしょう。仮にAさんの出生時間が午前2時だった場合はグラフの要注意日より10時間早くなり下図の様に前にずれます。

この様に生まれた時間だけでもグラフとの違い(ずれ)が生じますので一人一人の要注意日の現れ方は大きく違ってきます。自分が生まれた時間を親に聞いて覚えておくことも大事ですが自分のバイオリズムを何度も見ることで自分自身のパターンを掴む掴む様に常に心がけることが大切です。(つづく)【本文は村尾弘明箸・バイオリズム早見表1978年7月発行)及び「バイオリズムを活用して試合に勝つトレーニングの方法がある」からの転載です。無断で引用することは禁止されております】

 

カナヤン | スポーツマンと試合 | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バイオリズム講座(第5回)

 バイオリズム講座(第5回)

バイオリズム曲線は
正午に生れた計算になっています

バイオリズム早見表は正午生れを基準に描かれています。従って要注意日は正午を挟んで前12時間・後12時間の24時間となります。バイオリズムグラフは1目盛りを1日24時間としていますから1目盛りは午前0時から深夜24時を指します。そして1目盛りの中央が正午となります。

3つのリズムには各々に高調期・低調期
そして要注意日があります


 
バイオリズムグラフの中央線を0線と読みます。身体リズム・感情リズム・知性リズムが0線に交差する日の24時間を要注意日と読みますので身体リズムは23日、知性リズムは33日の周期ですから高調期から低調期に向かう要注意日は各々2日にまたがる24時間となります。しかし前述しました様に選手の実際の誕生時間により前後にずれますので先ず自分の場合の要注意日はどの位置にくるかを覚える様にすると実際の試合時間における自分のバイオリズムによるコンディションがより正確に分かる様になります。しかし要注意日は24時間ですからあまり神経質になる必要はないとも言えます。

各リズムの高調期・低調期・要注意日については徐々に詳しく説明しますから今は文字通り高調期は気力などの充実している時、低調期は体力・気力の低調期とだけの説明に留めます。ただ高調期が「良い期間」で低調期が「悪い期間」ではありません。1日に例えると昼と夜の様に理解して下さい。(つづく)【本文は村尾弘明箸・バイオリズム早見表(1978年7月発行)及び「バイオリズムを活用して試合に勝つトレーニングの方法がある」からの転載です。無断で引用することは禁止されております】


 

カナヤン | バイオリズム | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バイオリズム講座(第4回)日本ではどの様に普及したのか

  バイオリズム講座(第4回)
日本ではどの様に普及したのか

日本にバイオリズムが初めて紹介されたのは1964年雑誌中央公論でした。「バイオリズムは人生を変える」と題した戸田奈津子氏訳のエバン・ジュロの紹介記事が最初です。
そして日本における本格的なバイオリズム普及活動が始まったのはアメリカのジョージ・トーメン著「バイオリズムの基礎」を翻訳出版された故白井勇治郎氏の活躍によってでした。
                 
<交通安全ツールとしてのバイオリズム>
白井勇治郎先生はバイオリズムの理論書を出版される傍ら、東京警視庁はじめ各県警所轄の多数の交通事故資料を受けて精力的にバイオリズム分析を実施されました。当時、先生の事務所には自らバイオリズム分析をするための計算表や赤青緑の大きなプラスチック製バイオリズム定規が有りました。多忙な合間にも分析を重ね県ごとに調べられたバイオリズムによる分析表は小冊子にまとめて多数印刷し山積になっておりました。
資料はどんどん山積みになっていきました。この様な多忙にも拘わらず更に時間を割いて遠方各地の交通安全協会に出向きバイオリズムを使った交通安全講習会を精力的に展開されたのです。講習会では「バイオリズムには1ヶ月に要注意日が20−25%(7-8日)あり交通事故の約75%がその"要注意日"に集中しています」と全国の警察所轄の交通事故をバイオリズム分析した資料を配布し説得力ある講習会を実施されておりました。
 事故は殆どの場合相手がいる訳ですが子どもの飛び出しなどでも約70%以上の子ども本人がバイオリズム要注意日であったと資料で示し相手方も同時分析されていることを確認されておりました。追い越し事故の場合は感情リズムの要注意日に最も多いことやベテランドライバーでも身体リズムの要注意日には思いがけないミスを犯すことがあり十分注意する必要があるなど誠実で懇切丁寧な助言をしておられました。
                    
 時には自衛隊に出向かれたことも有ります。実力伯仲のサッカー部員に集まって貰い身体リズムの高調期と低調期の組に分けた試合を実施して貰います。事務所でも講習会でもバイオリズム通りの勝負だったと嬉しそうに語っておられたことも有ります。

     
<建設工事現場では>
建設企業関連の導入も多く、建設現場では懇切丁寧に安全管理としての使い方を指導されております。
現場事務所の黒板には「本日要注意日の人」と氏名を書き出して貰ったり、本人のヘルメットに要注意日を知らせるワッペンやカラーの磁石式ボタンを付けさせ本人だけでなく周囲の人にも注意を喚起させる様な指導もされております。

<生保レディのツールとして>
損害保険会社や生命保険会社では積極的に採用されました。二つの大きな理由が有ります。生保では女性のセールス員が最も必要な基本情報である生年月日を収集するツールとして利用しました。建前は顧客サービスで要注意日が分かることから運転する時の安全管理に使えるバイオリズムを差し上げますということでした。保険設計には生年月日は欠かせません。会社では販売促進ツールとして推奨すると同時に保険契約者がバイオリズムを実際に使うことで事故が少なくなれば保険金支払いが減少するという大きなメリットがありました。しかしバイオリズムを採用して実際に売り上げが伸びたとか事故が減ったという証明はなかなか困難なことです。また何より大変だったのはバイオリズムの計算でした。この頃はまだコンピューターが普及していませんでしたから現在の様にパソコンやインターネットで調べる訳にもいかず数値表を利用してのバイオリズム算出でした。この様な理由でバイオリズムの活用は長続きせず利用され無くなっていった側面も軽視できないでしょう。(つづく)【本文は村尾弘明箸・バイオリズム早見表(1978年7月発行)及び「バイオリズムを活用して試合に勝つトレーニングの方法がある」からの転載です。無断で引用することは禁止されております】

 

カナヤン | 事故予防 | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

巨大地震メカニズム解明へ、探査船「ちきゅう」 南海トラフ調査へ出航

 

巨大地震メカニズム解明へ、
探査船「ちきゅう」 南海トラフ調査へ出航


 

カナヤン | 『バイオリズム早見表』 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バイオリズム講座(第3回)生体周期の科学として

 8日早朝、2020東京オリンピックが決定して朝から夜まで1日中、各局のテレビから多くの
アスリートの熱い声・明るい表情の賑わいが放送されておりました。 今、中学生・高校生
の皆さんは7年後の東京オリンピック選手目指していっそうトレーニングに励まれることでしょう。

バイオリズム講座(第3回)
【生体周期の科学として】

< PSI理論の確立>
前述しました様にバイオリズムは一人の研究者が発見したものではありませんでした。
3つのリズム、23日周期リズム・28日周期リズム・33日周期リズムは、やがてオーストリアのコッペル博士によって繰返し綿密な実験と検証がなされました。
コッペル博士は3つのリズムの確証を得ると次の様な名前を付けます。
23日周期は身体リズム(Physical)
28日周期は感情リズム(Sensitivity)
33日周期には知性リズム(Intellectual)
そしてこの3つのリズムの頭文字をとって「PSI理論」と名づけました。

 <ニューヨーク科学アカデミーの公認>
世界の科学者の間でバイオリズムの研究が盛んになります1961年この新しい学問に注目したニューヨーク科学アカデミーは4日間にわたり国際バイオリズム学会を開催します。そこでは活発な理論的討論が交わされました。そして遂に新しい学問分野としてのバイオリズムは「生体周期の科学」として公式に承認されたのです。今では「PSI理論」としてのバイオリズムは様々な科学分野・産業分野に科学として取り入れられ目覚ましい進歩を続けております。注目したいのは医療現場での応用です。白井勇治郎先生の著書によればスイスにあるモンタナ診療所ではf・ヴェアリー博士は既に1980年当時の成果として30年以上も続けてバイオリズムを考慮した治療特に輸血や手術時には要注意日などを避けることで合併症や不測の事故を防止しているという研究です。。(続く)【本文は村尾弘明箸・バイオリズム早見表(1978年7月発行)からの転載です。無断で引用・転載することは禁止されております】

 


 

カナヤン | 『バイオリズム早見表』 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/7PAGES | >> |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
“自分のバイオリズム”入門―気がつかなかった驚異のリズムを証す (1980年) (プレイブックス)
“自分のバイオリズム”入門―気がつかなかった驚異のリズムを証す (1980年) (プレイブックス) (JUGEMレビュー »)
白井 勇治郎
バイオリズムの入門書としては データも多く 最高の本です
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
バイオリズムで人生が変わる?

『バイオリズム早見表』による自己管理ノート

『バイオリズム早見表』で選手の身体リズムを確かめる

『バイオリズム早見表』があなたの生き方を変える

『バイオリズム早見表』使える?

『バイオリズム早見表』でスポーツ選手の自己管理

『バイオリズム早見表』会員入り口

トレーナーさんが大喜び『バイオリズム早見表』

いちど ご覧になってください

wook電子ショップモール http://biorhythm-hayami.wook.jp/detail.html?id=214467

1961年ニューヨーク科学アカデミーはバイオリズム理論を正式に新しい科学分野として公認しました。日本に初めて紹介されたのは1964年雑誌中央公論に「バイオリズムは人生を変える」と題した戸田奈津子氏訳のエバン・ジュロの紹介記事が最初です。そして日本における本格的なバイオリズム活動が始まったのはアメリカのジョージ・トーメン著「バイオリズムの基礎」を翻訳出版された故白井勇治郎氏の活動によってでした。バイオリズム早見表は1973年実用新案登録(登録第1212500号)1978年7月に出版発売された(考案者野田弘明)書籍形式の早見でバイオリズムを僅か数分で小学生でも簡単に調べられる「バイオリズム早見表」のことです。

お買い物は

何でも揃う「天空デパート」

自分のバイオリズム・パターンを見つける
バイオリズムを一言で言えば「その人が生まれた日を基点として始まる身体リズム・感情リズム・知性リズムと言う3つのリズムが規則正しい周期性をもって進行している生体リズム」のことで「自分が求めようとする日のバイオリズム」を調べられれば「その日の自分の身体リズム・感情リズム・知性リズム」が認識できます。この周期性はみな同じですがその人にどの様に現れるかは人によって違います。女性は理解し易いと思いますが、生理と同じで軽く過ぎていく人もあれば大きく影響を受けて苦痛さえ伴う人もおります。バイオリズムも影響を受け易い人・身体的に余り影響を受けない人・決まって遅れる人などパターンはいろいろです。バイオリズムも自分のパターンを掴めば日常生活に大いに役立つのです。
バイオリズムを実感しましょう
春夏秋冬四季の移ろい・潮の干満・1日24時間1年365日・妊娠出産・冬眠や渡り鳥、私たちの周りに溢れるリズムは数え切れません。と言うよりリズムに埋もれた生活をしているのです。この様な自然界を取り巻く周期のひとつが生体リズムの科学・バイオリズムです。しかしバイオリズムは何故身近に感じられないのでしょうか?答えは『求めるバイオリズムが簡単には調べられない』と言うひと言に尽きるでしょう。今では有料・無料様々ですがインターネットで簡単に調べることは可能です。しかしそれらは1週間分・1月分或いは6ヶ月を一人づつ調べなければなりません。それに系統的に積み上げ様とすれば更に大変な作業になります。実用新案登録の発明本『バイオリズム早見表』を使えば恋人・夫婦・家族・スポーツクラブや同好会などこれ一冊で皆が一生涯使える優れものです。総377ページ・赤・青・緑のカラーでリズム曲線が表現されており「過去・現在・未来の何時の時点でも<調べたいバイオリズム>を超簡単に調べることが出来ます(昭和16年生まれから)読む本ではなく見る本ですから使い方も簡単。小学生でも使えます。バイオリズム曲線は3ヶ月から6ヶ月、一定期間1日1,2分でもご覧になっていると必ずその人のリズムパターン分かる様になりバイオリズムの謎を実感でる様になるでしょう
日体大 山下(松田)冶広氏のこと

 

山下冶広氏 (結婚により松田冶廣氏)

 

出典 ウィキペディア Wikipedia

【ウィキペディア・トップページには松田冶廣氏のインタビュー】も掲載有り!

 

1964年東京オリンピック体操競技男子種目別跳馬、男子団体金メダリスト

1970年代にはインディアナ州立大学でバイオリズムなどの研究に携わる

多くの実績を残し2000年に国際体操殿堂入り

現在は日本体育大学名誉教授

インタビューでは:

国際大会試合の前日、バイオリズムが危険日に当たっていたにも拘らず

コンディションも悪くなかったので選手に練習を続行させ着地に失敗し

大きな怪我を負わせた失敗談等バイオリズムの影響を語っておられます

松田氏は選手や学生の様々なトレーニングやコンディション管理に

バイオリズムを推奨・活用されていることでも有名な方です

  ご訪問ありがとうございました。 ポチッ! と一回  宜しくお願いします。 又のお越しをお待ちしております。

人気ブログランキングへ

お買い物は

何でも揃う「天空デパート」

質問と回答 

質問は原則としてホームページ上に公開させて頂きます
また同時にお答えする内容も公開させて頂きます
従って個人情報等の記載には充分にご配慮をお願いします 匿名・ペンネームでも構いません 直接ご返事は出来ませんのでご了解下さい

尚ご質問の内容等によってはこちらで訂正の上で公開すること
またご質問の内容によってはお答えしかねる場合もありますので
予めご了解下さいます様お願いします

ご質問mailは

『バイオリズム早見表』出版ページ

Wook電子書籍モール

落合監督の光る采配!を学ぶ 落合監督の光る采配!を学ぶ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH